過払い金請求のデメリットを知って最大限のメリットを得る方法 | 過払い金請求について | 司法書士法人杉山事務所

過払い金請求のデメリットを知って最大限のメリットを得る方法

払い過ぎた利息を取り戻すことができる過払い金請求ですが、杉山事務所では「過払い金請求をするとどんなメリットやデメリットがあるのか知りたい」というご相談を多くいただいております。過払い金請求はデメリットを正しく知ることにより、最大限のメリットを引き出すことができます。

以下に、過払い金請求のメリット・デメリットや、個人でやる場合と杉山事務所のような過払い金請求の専門家に依頼した場合のメリット・デメリットをまとめましたので、ご自身の状況と照らし合わせてご覧ください。

過払い金請求のメリット・デメリット

過払い金請求のメリット

・払い過ぎた利息が返ってくる

過払い金請求の最大のメリットは、払い過ぎていた利息である過払い金が返還されることです。

過払い金は、利息制限法で決まっている上限金利「15~20%」と、出資法の上限金利「29.2%」の差分であるグレーゾーン金利で取引をしていた場合に発生します。つまり、グレーゾーン金利での取引を長くおこなっていればいるほど、過払い金の返還額は多額になり、中には数百万円になることもあります。

ただし、いくら過払い金があったとしても、過払い金請求には時効があります。過払い金請求の時効は、借金を返し終わった日から10年で成立し、10年経ってしまった場合は、過払い金請求の対象外となってしまいますので注意が必要です。

・現在の借金額に充てることができる

借金を返済中の場合は、現時点で発生している過払い金を請求して、返還された過払い金を残りの返済に充てることができるので、借金の残高を減らすことができます。返還された過払い金が借金の残高以上の場合は手元に戻ってきます。

過払い金請求をすることによって、借金生活から貯金生活になったケースも多くあり、借金を返済中の方にとっては、苦しい借金生活から抜け出すための最短の道です。

・新たな借入が必要なくなる

現在、新たな借入をお考えの方は過払い金請求をすることによって、過払い金が返還されますので新たな借入をする必要がなくなります。

過払い金が発生しているのに気が付かずに、新たな借入をしてしまっている方も多くいますので、借入をする前に過払い金が発生しているかご確認ください。

過払い金請求のデメリット

・請求先の貸金業者から新たな借入ができない

過払い金請求をおこなうと、請求先の貸金業者から新たな借入をすることがむずかしくなります。貸金業者は過払い金請求をした人のリストを独自に所有しているためです。しかし、これはデメリットであると同時に、もう借金ができない状態にすることで“二度と借金をしない”状況ができるので、メリットにもなります。

何度も少額の取引を繰り返しているような人は借金癖がついている可能性があるので、大きな借金をしてしまう前に、自分の生活や収支を見なおし、無駄遣いを減らすきっかけにもなります。

・ブラックリストにのる可能性がある

借金を返済中の過払い金請求は、返還された過払い金で借金残高を返しきれなかった場合、ブラックリストに登録されてしまいます。ブラックリストにのると新たな借入やクレジットカードの作成などがむずかしくなります。

しかし、ブラックリストにのったとしても、おおよそ5~7年で削除されますので、今後も苦しい返済を続けるよりも、過払い金請求をして少しでも返済額を減らした方が、精神的にも負担が少ないです。

過払い金請求は個人と専門家ではどちらが得?

過払い金請求は、難しい専門知識や請求先の貸金業者との交渉力などを必要としますが、個人でおこなうこともできます。個人でおこなった場合と杉山事務所のような過払い金請求の専門家に依頼した場合とでは、得られるメリットやデメリットが違います。

これらについてもメリット・デメリットをそれぞれ理解した上で、どちらの方法が自分に合っているかを考えて過払い金請求をしてください。

過払い金請求を個人でおこなった場合のメリット

・過払い金請求にかかる費用が少なくて済む

個人で過払い金請求をおこなった場合のメリットは、なんといっても費用を最小限に抑えられることです。

専門家へ依頼するには着手金や基本報酬、成功報酬などの費用がかかりますので、過払い金が少額の方や少しでも出費を抑えたいという方はご自身で返還請求をすることをおすすめします。

過払い金請求を個人でおこなった場合のデメリット

・難しい手続きなどをすべて自分でおこなわなくてはいけない

個人で過払い金請求をした場合のデメリットとしては、手間・時間がかかることが一番大きいです。個人で過払い金請求をするには以下の手順をおこなわなければなりません。

① 貸金業者から取引履歴を取り寄せる
② 過払い金を調べるための引き直し計算
③ 貸金業者へ過払い金請求
④ 貸金業者と交渉し、過払い金の返還額を決める 
⑤ ④で決まらなければ裁判所へ訴訟をする
⑥ 過払い金の返還

このように、個人で過払い金請求をする場合、貸金業者から取引履歴を取り寄せ、過払い金の金額を調べるための引き直し計算をして、返還額を確定させる話し合いをしなければなりません。

さらに、話し合いでお互いの同意が得られない場合は、裁判をしなければなりませんので、裁判所に行ったり、必要な書類の作成など多大な時間と手間が必要になります。

・貸金業者の対応の遅れや過払い金の金額が少なくなる可能性がある

貸金業者は過払い金の返還を1日でも遅らせるために、取引履歴を取り寄せた場合に返送するまでの時間をかけてきたり、個人の対応を後回しにするケースが多いです。過払い金請求は、借金を返し終わった日から10年で時効が成立してしまいますので注意が必要です。

また、貸金業者は過払い金請求の対応をたくさんしており、過払い金請求の交渉に慣れています。当然、貸金業者は1円でも安い返還額を提示してきます。貸金業者を相手に交渉し、自分の納得できる返還額を取り戻すことはむずかしいです。ほとんどの場合、本来発生している過払い金よりも少ない金額になってしまいます。

・家族に借金がばれる可能性がある

上記の「難しい手続きなどをすべて自分でおこなわなくてはいけない」で説明したとおり、個人で過払い金請求をする場合、貸金業者から取引履歴を取り寄せたり、交渉などをしなければなりません。

そのため、自宅に貸金業者の名前が入った封筒や連絡がいってしまう場合があり、家族に借金を隠している方は、ばれてしまう可能性があるので注意が必要です。

過払い金請求を専門家に依頼した場合のメリット

・面倒な手続きをすべて代行してくれるので家族にも内緒にできる

専門家へ依頼することの最大のメリットは、自分で過払い請求に伴う手続きをおこなわなくていいことです。

専門家に依頼した場合、過払い金がいくら発生しているか調べるための取引履歴を貸金業者から取り寄せたり、過払い金の返還額をだすための引き直し計算や、貸金業者と返還額を確定させるための話し合いや裁判など、すべてのやり取りをおこなってもらえます。

専門家が窓口となり手続きをしますので、自宅に貸金業者から連絡がいったり、書類などが送られることもないので、家族にばれる心配はありません。仕事やプライベートに支障をきたさずに過払い金請求をおこないたいのであれば、専門家に依頼することをおすすめします。

・返済中の方は取り立てがストップする

借金を返済中の方は、専門家に依頼することによって貸金業者と依頼者の間に専門家が入るため、貸金業者が依頼者に取り立てをおこなうことができなくなります。返済が遅れてしまって貸金業者からの取り立てに悩んでいる方にとっては大きなメリットです。

・過払い金についた利息まで返してもらえる可能性がある

そのため、専門家に依頼した場合は、過払い金についた年5%の利息も回収できる可能性がありますが、貸金業者によって対応が違ってくるため利息分も含めて請求したい場合は、杉山事務所にご相談ください。

過払い金請求を専門家に依頼した場合のデメリット

・依頼金や成功報酬がかかる

デメリットをあげるのであれば、依頼するにあたって費用がかかることです。事務所に支払う費用は、着手金・基本報酬・成功報酬などがあり、それぞれの金額は依頼する事務所で異なります。

杉山事務所の費用は完全成功報酬型ですので、過払い金が無ければ費用は一切いただいておりません。相談料や着手金も無料ですので、お気軽にご相談ください。

デメリットを踏まえ、過払い金請求の最大のメリットを得るには?

過払い金請求は個人でもやることができますが、貸金業者から取引履歴を取り寄せて引き直し計算をしたり、過払い金の返還額を確定させるために貸金業者と話し合いをしたり、時間と手間がかかってしまうデメリットや、過払い金の返還額が少額になってしまうデメリットを考えると、費用はかかりますが、専門家に依頼することが過払い金請求の最大のメリットを得る方法です。

借金を返し終わっている方も返済中の方も、過払い金請求によって得られるメリットの方がデメリットよりも大きいので、過払い金が発生しているのであればすぐに過払い金請求をしてください。

杉山事務所にご依頼いただけた場合は、ご相談者の状況に合ったメリット・デメリットをしっかりとお伝えしてから正式に依頼をお受けしていますので、まずは無料相談をご利用ください。当事務所は全国から毎月3,000件以上の相談実績があり、貸金業者との交渉力や豊富なノウハウを持った司法書士が多数在籍しております。

最後まで担当司法書士がご相談者に付きますので、過払い金請求についての要望や、不安なことなど、なんでもご相談ください。また、過払い金が発生しなかった場合などご相談者の不利益になるような場合、費用は一切いただいておりませんので、ご安心してお問い合わせください。

  • 司法書士法人杉山事務所への過払い金返還請求に関するメールでのご相談はこちら
  • たったの1分でわかる!過払い金診断
  • まずはご確認ください!初めての方へ