過払い金請求する前に知っておくべき手続きの流れと期間 | 過払い金請求について | 司法書士法人杉山事務所

過払い金請求する前に知っておくべき手続きの流れと期間

払い過ぎた利息を取り戻すことが可能な過払い金請求は手続きが必要です。杉山事務所にも「どんな手続きが必要か?」「どんな流れですすむのか?」「どれくらいの期間が必要なのか?」などの問い合わせを多く頂いています。

過払い金請求は自分でやるか、司法書士や弁護士などの専門家に依頼することができます。また、裁判をして過払い金を回収するか、裁判をせず消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者との話し合いのみで過払い金の金額・返還日を決めるかによっても手続きの内容や、かかる期間が違います。

借金を返し終わった方だけでなく、返済中の方でも過払い金請求はできます。今ある借金を減らすことができるかもしれませんので、過払い金請求の流れを知り、どんな手続きが必要か、どれくらいの期間かかるのかを理解してご自身の状況にあった過払い金請求してください。

過払い金請求の手続きの流れと期間

①過払い金請求を自分でやるか専門家に依頼するか決める

過払い金請求の手続きは自分ですることができます。自分でやる場合、専門家に支払う費用を払わずにすみます。しかし、過払い金の計算や、貸金業者への連絡、過払い金請求の裁判をすることになった場合は、裁判に必要な訴状などの書類の準備や裁判所へいくことになったりと手間と時間がかなりかかります。

司法書士や弁護士などの専門家に依頼した場合、成功報酬などの費用を支払う必要はあります。しかし、依頼が完了した後は依頼者はほぼ何も手続きをする必要はありません。手続きのすべてを専門家が代理でおこないます。過払い金が返ってくるまで、定期的な状況の報告と裁判をするかしないかの連絡がくるだけです。

自分でやるのか、専門家に依頼するのかはご自身の状況にあわせて選んでください。

②以降は個人で過払い金請求をおこなう際に理解しておくべき手続きの流れが説明してあります。司法書士や弁護士などの専門家に依頼した場合は、この後の全ての手続きをすべて代理でしてもらえるのでご参考程度にお読みください。

②取引履歴を取り寄せる

まずは自分に過払い金がいくら発生しているか計算しなくてはいけません。自分で利用明細を残していなくても、貸金業者側には契約した当初からの取引のデータが残っています。貸金業者とのこれまでの取引のデータは取引履歴と呼ばれ、契約者はこの取引履歴の開示を請求できます。

取引履歴は、貸金業者のサービスセンターに電話するなどして請求します。なお、貸金業者に電話した際に使用目的を聞かれることもありますが、「契約内容を確認したい」「自分の債務を見直したい」などと答えてください。「過払い金請求をしたい」という理由を伝えるのはやめておきましょう。個人が取り寄せる場合、取引履歴の公開範囲を限定されたり、払いすぎていた利息を過払い金と認識して支払っていた扱いになり、最悪の場合、過払い金請求の手続きができなくなる可能性があります。

貸金業者は個人に対する対応が良くない傾向にあります。貸金業者にもよりますが、司法書士や弁護士などの専門家が取り寄せた場合、取引履歴の開示までは約1週間~1ヶ月程度のところ、自分でやった場合最大2ヶ月かかる場合もあります。過払い金請求は最後に取引をした日から10年経過すると時効が成立してしまい、あまりに時間がかかると過払い金が一切取り戻せなくなりますので、時効が迫っている方は早めに手続きを進めてください。

③過払い金がいくら発生しているか計算する

取引履歴を取り寄せたあと、払いすぎていた利息(法律で決まっている15~20%を超える金利)を、本来払うべきだった15%~20%の利率で計算しなおす引き直し計算をして、自分に過払い金がいくら発生しているか確認します。自分で計算する場合、ここで計算結果を間違えてしまうと、本来返ってくる過払い金の金額が少なくなるので慎重に計算してください。

④貸金業者に過払い金請求をして交渉をする

過払い金の計算をした後、貸金業者へ過払い金を請求しますという書類の「過払い金返還請求書」を発送します。その後、貸金業者から連絡があり、返ってくる過払い金の金額や返還される日の交渉をします。

貸金業者によって対応はさまざまで、スムーズに話し合いで返還してくれる貸金業者もいれば、希望額(満額)に満たない、過払い金全体の4~8割程度で和解を求めてくる貸金業者もいます。特に自分でやる場合、貸金業者は相手が過払い金や法律に関する知識が少ないと判断するとかなり少ない金額で交渉していきます。

裁判をおこさず返還される過払い金をきめた場合は、貸金業者の対応にもよりますが平均4~7ヶ月で過払い金の返還に至っています。

過払い金の金額に不満がある場合、過払い金返還請求訴訟(過払い金請求の裁判)を起こします。別途、裁判費用と時間がかかりますが、裁判を起こした方がより多くの過払い金を取り戻せる可能性が高くなります。

司法書士や弁護士などの専門家に依頼している場合、ご相談者へ連絡をして裁判をした方がいいのか、しない方がいいのか相談のあと、手続きを進めます。勝手に裁判をおこしたりしないのでご安心ください。

裁判をせず貸金業者の条件をのんで早く解決するか、裁判費用がかかっても裁判を起こすかはご自身の状況にあわせて選んでください。


裁判をしないかたは⑥へお進みください。

⑤過払い金請求の裁判をする

貸金業者から提示された過払い金の金額に納得がいかないという場合は、裁判所に過払い金返還請求訴訟を提起(過払い金請求の裁判を起こすこと)します。個人でやる場合、専門家に依頼している場合に関わらず、過払い金請求の裁判には印紙代・郵便切手代・代表者事項証明書などの諸経費が発生します。

専門家に依頼している場合、裁判をするための手続きや必要な書類の準備などもすべて代理でしてもらえ、裁判がはじまったあと依頼者が裁判所にいくことや、裁判所からの通知が届くこともありません。

個人でやる場合は、必要な書類・裁判所への手続きなどをすべて自分でおこない、裁判がはじまれば裁判所にいく必要があります。この時、裁判所からの通知は自宅に届くことがありますので、過払い金請求することをバレたくない方は注意が必要です。尚、自分で裁判をする場合には以下の書類を用意する必要があります。

裁判では数回、意見や主張を話し合い判决がでます。判决がでるまでは裁判と平行して貸金業者との過払い金の金額の交渉をします。通常、裁判をすると6~12ヶ月程度の期間がかかるのですが、話し合いで交渉するより多くの過払い金を取り戻せる可能性があり、平均6割~満額で過払い金を回収することができます。貸金業者の経営状況や、これまでの過払い金請求に対する対応によっても変化します。かならず希望した金額の過払い金が返ってくるわけではないので注意してください。

⑥過払い金が返還される

裁判で勝訴、もしくは貸金業者との交渉がまとまれば過払い金が返還されます。返還までの期間は貸金業者の経営状況やこれまでの対応によって異なり、判決や交渉がまとまった後から平均2~4ヶ月後になることが多いです。専門家に依頼している場合、貸金業者から専門家への過払い金が入金され、報酬等を差し引いた後残金を依頼者の口座に送金されます。

過払い金請求の流れを理解した上で過払い金請求をする

過払い金請求は自分でもできますし、司法書士や弁護士などの専門家に依頼しすべての手続きを任せることもできます。特に自分で過払い金請求をする場合、一つ一つの手続きに過払い金請求や法律に関する知識が必要になり、調べる時間などを含め時間もかなりかかります。

また、裁判を【する・しない】によっても、返ってくるまでの期間・返ってくる金額・かかる費用などが違います。それらをすべて理解した上で、自分で過払い金請求するのか、費用を払って司法書士や弁護士などの専門家に依頼するのか判断してください。

杉山事務所では、過払い金に関する相談が月に3000件以上あります。その中には、「過払い金請求を自分でやるか、迷っているからアドバイスが欲しい」といった問い合わせもいただいております。過払い金請求に強い司法書士が、ご相談者の要望・状況にあわせた解決方法を提案し、最後まで責任を持って対応します。無料相談・着手金無料となっていますので、ぜひお気軽に杉山事務所へご相談ください。

  • 司法書士法人杉山事務所への過払い金返還請求に関するメールでのご相談はこちら
  • たったの1分でわかる!過払い金診断
  • まずはご確認ください!初めての方へ