債務整理とは | 債務整理について(借金が残っている方のお手続き)

債務整理とは

債務整理とは、お金を借りている方の状況に合わせて借金問題を解決する手段の1つです。返済額が減ったり帳消しにする事も可能となります。利息を払い過ぎている場合は、そのお金を取り戻す事も出来るのです。

債務整理は任意整理、自己破産や、個人・民事再生、特定調停の4つに分ける事が出来ます。任意整理は裁判所を通す事無く、司法書士や弁護士が債権者と任意で交渉をする方法です。過払い金請求でも司法書士とお金を貸している金融業者が直接交渉を行う場合も、この任意整理となります。任意整理は司法書士や弁護士等の専門家に頼まなくても、手続きは可能です。しかし金融業者はプロだという事は忘れてはなりません。交渉をしようと思っても、相手にして貰えない事の方が多いでしょう。だからこそ司法書士や弁護士等の専門家に任せるのが一番と言えます。

自己破産も債務整理の1つです。経済的に破綻をしている状態で、債権者に借金を返済出来無い場合に、最低限の生活に必要な物以外の財産を換金し、そのお金で全て居債権者に対して公平にお金を返済するための手続きです。裁判上での手続きとなります。債権者が申し立てるのでは無く、お金を借りている債務者の申し立てによって破産手続の開始決定を受けるケースが自己破産です。

自己破産をした場合、家や自動車などは処分される事になるでしょう。しかし家具などは生活をするために必要ですので原則として処分される事はありません。

個人再生や民事再生も債務整理です。経済的に厳しい債務者の事業や、個人の経済的な生活を再生するために行われます。行った場合、債務の中の一定額を三年で分割支払いすれば残金は免除です。自己破産と違い、一定額は返済の必要が有ります。

特定調停は、簡易裁判所で民間の調停員を挟んで当事者に返済方法等の話し合いをして解決方法を決めていきます。返済が決まった場合、原則として三年以内の完済が必要です。

債務整理には任意整理、自己破産、個人・民事再生、特定調停の4つの方法があります

債務整理の詳しい手続きについて

債務整理の手続きは慎重に行いましょう!

債務整理手続きはお客様が背負っている重い返済の負担を減らすためには有効な手段です。
4つのいずれの債務整理手続きにも、メリット・デメリットがありますし、手続き後に一定の制限が課せられる(新たな借り入れができなくなる)ものもありますので、相談者様の事情を十分に考慮し、一番良い方法で解決していきたいと考えています。

  • 司法書士法人杉山事務所への過払い金返還請求に関するメールでのご相談はこちら
  • たったの1分でわかる!過払い金診断
  • まずはご確認ください!初めての方へ