自己破産とは | 債務整理について(借金が残っている方のお手続き)

自己破産とは

自己破産は債務整理の1つです。借金を返済したくても経済状態が酷いと返せません。自分が持っている資産を全て処分しても債権者に対する債務を全て返済するのは不可能な場合に選ばれる手続きです。最低限生活出来るだけの物以外の財産は処分される事になります。その中にはマイホームや自動車も例外ではありません。処分して出来たお金が債権者へ公平に返済されます。

破産手続が始まると債務者は破産者として扱われる事になり、破産管財人によって財産の管理や処分が行われます。しかし生活に必要な家具などは処分される事は原則としてありません。そのためにその後の生活が全く出来無い状態に陥る事は無いと言えるでしょう。

自己破産は任意整理や個人再生と大きく違う所があります。それは手続きが終われば借金の返済は必要が無くなるという所です。さらに自己破産をした後、財産や収入を得ても返済をしなければならない事はありません。それは自由に管理して処分をする事が出来ます。

ただし自己破産をしたらデメリットもあるので忘れないようにしなければなりません。まず、手続きが終わるまでは士業等の一定の職業に就業する事は出来なくなります。特に破産をされた方が企業の取締役だったとしたら、役職から離れなければなりません。

ブラックリストにも載る事になります。一定の期間については、新しくお金を借りる事は出来ません。さらに借金の原因が問題になる事もあります。例えばギャンブルや浪費が原因の場合、自己破産を認めては貰えません。損害賠償金等も同じように自己破産を認めてもらう事ができないでしょう。このような部分を検討して、自己破産をするかどうか決定すると良いです。

一般に言われているほど深刻な不利益はありません

破産手続きが開始されると、債務者は「破産者」となります。
破産者が財産を所有している場合は、「破産管財人」が選任され、財産の管理・処分などを行います(破産者が財産を勝手に処分することはできません)。
自己破産をすると家や車などの一定の財産は処分されることになりますが、家具などの生活用品についてまで処分されることは原則としてありません。
自己破産をしてしまうとその後の生活ができなくなってしまうということはありません。
また自己破産の効果はあくまで本人だけに及ぶものですので、家族に迷惑がかかるといったことも原則としてありません(家族が保証人になっている場合などは別です)。

  • 過払い金返還請求に関するメールでのご相談はこちら
  • たったの1分でわかる!過払い金診断
  • まずはご確認ください!初めての方へ