任意整理とは | 債務整理について(借金が残っている方のお手続き)

任意整理とは

任意整理とは、債務整理の種類のひとつです。今まで借金の相談をするとすぐに自己破産をすることをすすめられるのが大半でしたが、最近では払い過ぎた利息を過払い金として返金することができ、そうすることで自己破産をすることなく借金問題を解決する方法が主流となりました。その過払い金の分を借金の減額に充てることや、過払い金がない場合でも支払い能力がなかった場合に債権者に返済額の減額をおこなっていただくことが任意整理です。

任意整理の流れとしては、司法書士や弁護士が依頼された貸金業者と直接交渉し、借金を大幅に減額または、3~5年での借金の完済に向けての分割払いでの交渉を成立させます。はじめに任意整理では、まず金利の引き直し計算を行います。ここで、契約当初から現在に至るまで20%を超えて払っていた利息の合計をだします。そうすることで本来支払わなければならなかった本来の借金の総額が判明します。つまり、今まで返済した借金の金額が正しいかどうかを正確な金利で計算することで、借金の額をなくすことができたり、または減らすことができます。

任意整理のメリットとしては、裁判所を通さずに弁護士、司法書士が直接、貸金業者と交渉する為、負担が軽く済むほか、自己破産や個人再生のように官報に記載されないので周囲に知られることがありません。職業や資格による制限もありません。また、金利負担となる将来利息はなくなります。

しかし、注意点がいくつかあります。まず、5年程度はブラックリスト(信用情報機関)に載ってしまうので、その間は新規の借り入れやローンなどを組むことができなくなります。また、任意整理は自己破産や個人再生手続きと異なり、借金の全額または一部が強制的に免除されるわけではなく、話し合いをすることで利息制限法によって払い過ぎた利息分を借金と相殺し、減額する為、自己破産や個人再生手続きのような強制的な免除が行われるわけではありませんので注意が必要です。

一方で一連の任意整理手続きによっても借金が残った場合には、自己破産と違って借金そのものがなくなるわけではありませんので、返済していくことが必要です。

借金が残った場合、債権者(消費者金融・信販会社・カード会社・サラ金業者など)と話し合いがつくと、お客様は原則3年~5年の期間にわたり借金を返済していくことになります。

任意整理自体は司法書士や弁護士に頼まなくても相談者様個人で手続きを行うことは可能です。
ただし、金融業者はプロですので、相談者様個人で任意整理を行う場合、交渉に応じてもらえないケースや金融業者に有利な合意内容になってしまうケースが多いです。

  • 過払い金返還請求に関するメールでのご相談はこちら
  • たったの1分でわかる!過払い金診断
  • まずはご確認ください!初めての方へ