池袋駅で過払い金請求に強い司法書士事務所 | 過払い金請求が可能な対応地域 | 司法書士法人杉山事務所

池袋駅で過払い金請求に強い司法書士事務所

司法書士法人杉山事務所 相談実績月3千件以上!

池袋駅で過払い金請求が強い理由

当事務所に依頼するメリット

池袋駅での借金問題のお悩みは杉山事務所へ!

借金のお悩みは杉山事務所へ! 0120-153-494 お問い合わせ

池袋駅での過払い金請求にかかる費用

池袋駅での過払い金費用

池袋駅周辺にお住まいの方、もしくは池袋駅近辺で過払い金請求をお考えの方は、杉山事務所の東京事務所でご相談を無料にてお受けしております。当事務所では、着手金等の初期費用を無料としておりますので、相談者様が最初に持ち出すお金はございません。

過払い金請求の費用は完全成功報酬型になっており、過払い金を取り戻せた場合のみ頂戴しております。過払い金が無い場合、費用は一切掛かりませんので安心してお任せください。また、当事務所では費用の分割払いにも対応しております。相談者様のご状況に合ったお支払い方法が可能ですのでお気軽にご相談ください。

池袋駅周辺にお住まいで過去に借金をしていた方、または現在借金がある方は過払い金請求ができる可能性がございますので、お気軽に杉山事務所ご相談ください。

池袋駅での借金問題のお悩みは杉山事務所へ!

借金のお悩みは杉山事務所へ! 0120-153-494 お問い合わせ

池袋駅近辺での過払い金請求の対応事務所

池袋駅周辺にお住いの方、または池袋駅周辺で過払い金請求の相談先を探している方は司法書士法人杉山事務所の東京事務所が担当しております。相談料は無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。

池袋駅周辺にお住まいで当事務所まで来所ができない方や事務所に入るところを見られたくない方は、無料で出張相談も受け付けておりますのでご安心ください。

東京事務所は、丸ノ内線「新宿駅」出口B6より徒歩9分、丸ノ内線・都営新宿線・副都心線「新宿三丁目駅」出口C8より徒歩3分の、アクセスのよい場所にあります。池袋駅周辺からお越しの方をはじめ、東京都内から多く過払い金請求のご相談をいただいております。

事務所名 司法書士法人杉山事務所 東京事務所
所在地 〒160-0022
新宿区新宿2丁目-13番-12号
住友不動産新宿御苑ビル5F
ご相談専用
ダイヤル
東京事務所フリーダイアル
ご相談専用
ダイヤル
東京事務所フリーダイアル
営業時間 【年中無休】9:00~19:00

>>東京事務所 詳細

杉山事務所 東京事務所

元々、農村地帯であった池袋に、鉄道が通ったのは1902年。当時、駅はなく信号所だけでした。その後、1903年(明治36年)「池袋駅」開業しますが、1945年の太平洋戦争での空襲で駅舎、および多数の車両の全焼など被害が多くありました。そんな背景を持つ「池袋駅」。今では、山の手エリアの3大副都心となっています。
年間9億5000万人近い利用者がいる「池袋駅」は、1日平均の約258万人の利用者がいることになります。JR東日本の駅の中では、新宿駅に次ぐ第2位であり、東武線・西武線・東京メトロは第1位の乗客数を記録しています。

東京都豊島区に位置する「池袋駅」。現在は、JR東日本の山手線・埼京線・湘南新宿ライン・成田エクスプレスや、東武線の東上本線、西武鉄道の池袋線が乗り入れています。東京メトロは丸の内線、有楽町線、副都心線の3路線が発着しています。これらのホームの東側に西武百貨店・ロフト・パルコがあり、西側に東武百貨店とメトロポリタンプラザがあります。これらたくさんの百貨店が建ち並び、大規模な繁華街や歓楽街は地下の構内自由通路によって行き来できるので、利便性の高さは抜群です。
駅構内にある「いけふくろう」は、東口北通路にある石像で、待ち合わせ場所として利用されることが多くあります。2006年に3羽の子フクロウが追加され、親子のフクロウがポイントです。

そして池袋と言えば、サンシャインシティの中に、塔屋最頂部226.3mの高さを誇る「サンシャイン60」があります。超高層ビルとしては、東京都庁庁舎(最頂部243.4メートル)が1990年12月に建てられるまで、12年間日本一の高さを誇っていました。大韓民国の大韓生命63ビル(249メートル)が建てられた1985年までは東洋一でした。このサンシャインシティは、1970年(昭和45年)まで巣鴨拘置所が設置されていたのです。太平洋戦争後には巣鴨プリズンと呼ばれていましたが、現在、敷地内にある公園には平和記念日が建てられています。
地理的な利便性は、池袋駅東口に南北に走るのは「明治通り」です。そのため、交通の混雑があるものの、東池袋と南池袋の利便性が高まっています。

東池袋には、「池袋P’PARCO」や「ビックカメラ池袋本店」、日本最大級の売り場面積を誇る「ヤマダ電機」などの大型家電販売店舗が並びます。また、区民施設や医療施設、そして「サンシャインシティ」なども、大勢の人が集まるスポットになっているのです。そのためか、副都心線が開業される以前から、「東池袋新駅の実現を」と表記された開業を祝う垂れ幕が駅前に飾られています。
西池袋側には、駅前には商業施設だけでなく、「東武百貨店」や「マルイシティ池袋」、ホテルや教育施設、警察署などもあります。南口・メトロポリタン口は営業時間が7:00 – 21:00(西部南口は22:30まで)と限られているので、乗り換えに少し不便とも言われているため、地元の区民や南池袋への通勤や通学に使われます。「池袋駅」北口は、200店舗ほどの中国系の出店が並ぶため「ミニ中華街」とも言われています。そして、北口からは西口の繁華街へも近く飲食店もたくさんあり、地下街や鉄道各線の改札へは北口の利便性が高く良い場所です。
また、長距離バスや高速バスも「池袋駅」発着のため、グリーン大通りのバス乗り場は、観光客やビジネスで使用する人でも賑わいます。

「池袋駅」周辺では、近年東武東上線沿線でコンサートを開催することが多くなりました。それで、これらをきっかけに、2015年から発車メロディにクラシック音楽が使用されています。発着の番線ごとに異なる発車メロディが使用されており、モーツァルトの「アレグロ」や「メヌエット」、ベートーベンの「アレグロ・マ・ノン・トロッポ」などを、原曲に近く形で使用されています。JR線でも「春」や「小川のせせらぎ」、「メロディ」が利用されています。
東京23区の中でも「都心5区」に数えられる豊島区は、「池袋駅」を中心とする副都心です。超高層ビル群や教育機関、高級住宅街や高齢者の集う街を含め、「文化賑わい拠点」ともなっています。池袋駅西口は、「池袋駅西口地区再開発事業」の計画もあるため、超高層ビルが3棟計画されているので、さらなる発展のある都心エリアとも言えるでしょう。

池袋駅から当事務所へのアクセス方法

司法書士法人杉山事務所への行き方1(所要時間:約12分)

司法書士法人杉山事務所への行き方2(所要時間:約14分)

  • 司法書士法人杉山事務所への過払い金返還請求に関するメールでのご相談はこちら
  • たったの1分でわかる!過払い金診断
  • まずはご確認ください!初めての方へ