目白駅で過払い金請求に強い司法書士事務所 | 過払い金請求が可能な対応地域 | 司法書士法人杉山事務所

目白駅で過払い金請求に強い司法書士事務所

司法書士法人杉山事務所 相談実績月3千件以上!

目白駅で過払い金請求が強い理由

当事務所に依頼するメリット

目白駅での借金問題のお悩みは杉山事務所へ!

借金のお悩みは杉山事務所へ! 0120-153-494 お問い合わせ

目白駅での過払い金請求にかかる費用

目白駅での過払い金費用

目白駅周辺にお住まいの方、もしくは目白駅近辺で過払い金請求をお考えの方は、杉山事務所の東京事務所でご相談を無料にてお受けしております。当事務所では、着手金等の初期費用を無料としておりますので、相談者様が最初に持ち出すお金はございません。

過払い金請求の費用は完全成功報酬型になっており、過払い金を取り戻せた場合のみ頂戴しております。過払い金が無い場合、費用は一切掛かりませんので安心してお任せください。また、当事務所では費用の分割払いにも対応しております。相談者様のご状況に合ったお支払い方法が可能ですのでお気軽にご相談ください。

目白駅周辺にお住まいで過去に借金をしていた方、または現在借金がある方は過払い金請求ができる可能性がございますので、お気軽に杉山事務所ご相談ください。

目白駅での借金問題のお悩みは杉山事務所へ!

借金のお悩みは杉山事務所へ! 0120-153-494 お問い合わせ

目白駅近辺での過払い金請求の対応事務所

目白駅周辺にお住いの方、または目白駅周辺で過払い金請求の相談先を探している方は司法書士法人杉山事務所の東京事務所が担当しております。相談料は無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。

目白駅周辺にお住まいで当事務所まで来所ができない方や事務所に入るところを見られたくない方は、無料で出張相談も受け付けておりますのでご安心ください。

東京事務所は、丸ノ内線「新宿駅」出口B6より徒歩9分、丸ノ内線・都営新宿線・副都心線「新宿三丁目駅」出口C8より徒歩3分の、アクセスのよい場所にあります。目白駅周辺からお越しの方をはじめ、東京都内から多く過払い金請求のご相談をいただいております。

事務所名 司法書士法人杉山事務所 東京事務所
所在地 〒160-0022
新宿区新宿2丁目-13番-12号
住友不動産新宿御苑ビル5F
ご相談専用
ダイヤル
東京事務所フリーダイアル
ご相談専用
ダイヤル
東京事務所フリーダイアル
営業時間 【年中無休】9:00~19:00

>>東京事務所 詳細

杉山事務所 東京事務所

山手線の中では、2番目に利用客が少ないと言われる「目白駅」。この「目白駅」は、環境ゆえに学生や生徒の乗降が多い駅で、東京都豊島区目白3丁目に位置しています。目白の地名の由来は、「目白不動」に因んでつけられた名称です。
1932年以前の目白は、北豊島郡巣鴨町、高田町、長崎町、雑司ヶ谷町の各一部で成り立っていました。その後、東京市に編入され、豊島区の一部となり、目白町が起こりました。1966年に、若干の移動がありましたが、現在の目白1丁目~目白5丁目が成立しています。そして、「目白駅」のある目白は豊島区西部に位置し、南長崎、西池袋、南池袋、雑司が谷、高田、新宿区高田馬場、下落合、中落合と接している地域です。

「目白」のイメージは「学習院」という方も多いのではありませんか。その通り!目白1丁目は、学習院の教育施設が並ぶエリアとなっており、3丁目は尾張徳川家由来の「徳川ビレッジ」や「徳川黎明館」、「切手の博物館」などもあります。
「目白駅」から徒歩7分の「徳川黎明館」は、1931年(昭和6年)に徳川義親(尾張徳川家だい19代当主)によって開設されました。現在では、美術や林業に関する研究や一般への講座も開催されています。また、徳川美術館と徳川林政史研究所の運営や管理を実施しており、美術品が一般公開されています。今では少なった「武家」や「華族」を知ることの出来る場所の一つです。
そのためか「文教エリア」としても有名で、私塾が点在するのは、教育方針に合わせた生活が根強いエリアです。こうした地域の特徴もあってか、ほとんどが住宅地で、娯楽施設はほとんどありません。
時に「豊島区目白」と「文京区目白台」は異なる街です。「汎称地名」としての目白は新宿区の一部の地域を含んでいます。しかし、目白からかなり離れた地域でも、集合住宅につけられた名称に目白を含めたものもあります。

その中には、大正時代から昭和時代にかけて、この地域の住宅地の名称を「目白文化村」と呼ばれていました。元々、2667坪の土地を大地主宇田川家から、1914年に堤康次郎が東京府落合村を購入したことからきっかけです。その後、本格的に開発が始まりました。住宅地としては、1922年に目白不動園として分譲を開始したことが、現在でいう分譲の第一期でした。その後、1927年には西部新宿線が開通により、利便性の上がった住宅地になりました。その後、山手通りが建設されたのが1935年、この工事が「目白文化村」を分断します。その後、東京大空襲では大半の住宅が焼失し、高級住宅地であった面影は消えていきました。その後30年近くたった1967年に「新目白通り」が開通され、さらに分断される結果となり、現在の地形になります。
長年この地域に住んでいる目白住民は「目白が丘」と呼ばれる「高台」部分を総称して「目白」と呼ぶことがあります。一例として、「目白聖公会」は、豊島区の目白という認識ではなく、最寄り駅が「目白駅」のためこのように呼ばれています。しかし、実際の所在地は新宿区下落合になります。

「目白聖公会」の敬虔な信徒は、「目白駅」前で「キャロリング」を行うのが、クリスマスの毎年恒例の行事となっています。また、「目白の森(目白四丁目)」や「目白庭園(目白3丁目)」もあり、教育施設や住宅街向きの環境かもしれません。目白1丁目にある「学習院」は、1947年(昭和22年)までは、旧宮内庁が設置した官立学校でした。設立された当初は、短期間だけ「華族学校」とも呼ばれていました。その後、官立学校としては廃止され、私立学校として再出発しています。
「目白駅」は教育施設が多いため、和敬塾という学生寮の最寄り駅にもなっています。この和敬塾は、村上春樹氏の「ノルウェーの森」に出てくる寮の、モデルともなっています。また駅周辺にある「ホテルメッツ目白」は、以前は山手貨物線(現在の埼京線や湘南新宿ライン)があった場所でもあります。そしてこのエリアには、都心に近い所に位置しながら、子供たちがザリガニ釣りなどをして遊ぶ光景が見られていました。
環境の良い高級住宅地のイメージが残るのは、こうした面影の残る街であるからかもしれません。今でも変わらず、気品を持ち続ける住宅街の中心となる「目白駅」。歴史の残る街でもあるので、1度は訪れてみたいですね。

目白駅から当事務所へのアクセス方法

司法書士法人杉山事務所への行き方(所要時間:約10分)

  • 司法書士法人杉山事務所への過払い金返還請求に関するメールでのご相談はこちら
  • たったの1分でわかる!過払い金診断
  • まずはご確認ください!初めての方へ