大崎駅で過払い金請求に強い司法書士事務所 | 過払い金請求が可能な対応地域 | 司法書士法人杉山事務所

大崎駅で過払い金請求に強い司法書士事務所

司法書士法人杉山事務所 相談実績月3千件以上!

大崎駅で過払い金請求が強い理由

当事務所に依頼するメリット

大崎駅での借金問題のお悩みは杉山事務所へ!

借金のお悩みは杉山事務所へ! 0120-153-494 お問い合わせ

大崎駅での過払い金請求にかかる費用

大崎駅での過払い金費用

大崎駅周辺にお住まいで過払い金請求をお考えの方は、杉山事務所の東京事務所でご相談を無料にてお受けしております。当事務所では、着手金等の初期費用を無料としておりますので、相談者様が最初に持ち出すお金はございません。

過払い金請求の費用は完全成功報酬型になっており、過払い金を取り戻せた場合のみ頂戴しております。過払い金が無い場合、費用は一切掛かりませんので安心してお任せください。また、当事務所では費用の分割払いにも対応しております。相談者様のご状況に合ったお支払い方法が可能ですのでお気軽にご相談ください。

大崎駅周辺にお住まいで過去に借金をしていた方は過払い金請求ができる可能性がございますので、お気軽に杉山事務所ご相談ください。

大崎駅での借金問題のお悩みは杉山事務所へ!

借金のお悩みは杉山事務所へ! 0120-153-494 お問い合わせ

大崎駅での過払い金請求の対応事務所

大崎駅周辺にお住いの方の過払い金請求のご相談は司法書士法人杉山事務所の東京事務所が担当しております。相談料は無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。

大崎駅周辺にお住まいで当事務所まで来所ができない方や事務所に入るところを見られたくない方は、無料で出張相談も受け付けておりますのでご安心ください。

東京事務所は、丸ノ内線「新宿駅」出口B6より徒歩9分、丸ノ内線・都営新宿線・副都心線「新宿三丁目駅」出口C8より徒歩3分の、アクセスのよい場所にあります。大崎駅周辺からお越しの方をはじめ、東京都内から多く過払い金請求のご相談をいただいております。

事務所名 司法書士法人杉山事務所 東京事務所
所在地 〒160-0022
新宿区新宿2丁目-13番-12号
住友不動産新宿御苑ビル5F
ご相談専用
ダイヤル
東京事務所フリーダイアル
ご相談専用
ダイヤル
東京事務所フリーダイアル
営業時間 【年中無休】9:00~19:00

>>東京事務所 詳細

杉山事務所 東京事務所

大崎駅は東京都品川区大崎一丁目に存在するJ東日本旅客鉄道(JR東日本)山手線、湘南新宿ライン、埼京線。東京臨海高速鉄道(TWR)の駅です。駅の開業年月日は、1901年2月25日、4面8線を有する地上駅で、橋上駅舎を有しています。相互直通運転している関係でJR東日本・TWRの両社で駅舎・改札内・ホーム・着発線を共用しています。

山手線に該当する1~4番線をサウンドファクトリー、それ以外の5~8番線を櫻井音楽工房が、発車メロディを製作しています。1番線(山手線品川方面ゆき)は「遊園地のある駅」、2番線(当駅始発)は「海の駅」、3番線(山手線渋谷方面)は「教会の見える駅」、4番線(当駅始発)は「SF10-38(整理番号)」。5番線(東京臨海高速鉄道(埼京線・りんかい線・湘南新宿ライン))は「瞬く街並みV1」、6番線(東京臨海高速鉄道(りんかい線新木場方面))は「ホリデイV1」、7番線(東京臨海高速鉄道(埼京線・りんかい線・湘南新宿ライン))は「春待ち風V2」、8番線(東京臨海高速鉄道埼京線・りんかい線・湘南新宿ライン))は「小川のせせらぎV2」。8番線の発車メロディは山手線渋谷駅と同じです。

以前は山手線だけの駅であり、周辺はソニーや明電舎などの工場地帯でした。駅前の直ぐ近くまでずっと電機や化学等の工場敷地で、駅前でも街らしい街の様子はなかったのです。東京都が1982年に大崎副都心に指定すると緩やかながら再開発が進み、1989年に「大崎駅東口第1地区(大崎ニューシティ)」がオープンすると、街の様子は次第に変わっていきました。「五反田駅」から「大崎駅」の間にある目黒川沿いのエリアや「大崎駅西口エリア」から工場が移転していき、次々とオフィスビルやマンションが建設されました。1999年にはゲートシティ大崎がオープン、この頃から、工業エリアからオフィスエリアとしての色彩が強まりました。吹き抜けのアトリウムが美しいビルで、外国の雰囲気が漂う最先端の商業施設です。オフィスビルにはソニーなど大手企業が入居しています。さらに、2002年12月に埼京線・りんかい線・湘南新宿ラインが利用可能になってからは開発が加速していきます。ビジネスエリアとしての価値も高まったのです。現在は駅の改札からペデストリアンデッキで再開発地区へと直接繋がっていますが、以前は駅前広場もありませんでした。

2016年1月6日に、大崎駅西口バスターミナルが運営を開始しました。既存の地域バス路線に加えて高速路線バスを導入することにより、大崎と国内他都市とを結び、広く各地からの来訪者や旅行者を受け入れ、副都心大崎の“賑わいと観光の新拠点”としての役割を担っていきます。大阪名古屋、新潟、仙台方面を結ぶ高速路線バスが運行開始。さらに 今後は、広島、青森・盛岡、富山・金沢、島根・鳥取方面など、より多くの都市へと結ぶ路線の乗り入れを推進していきます。

また、2016年4月に、WILLER ALLIANCEが成田空港および千葉県芝山町と東京都品川区の大崎駅までの間に高速バスを運行開始すると発表しました。運行開始は2016年10月を予定しており、バスの所要時間は大崎駅から成田空港までは最短75分、大崎駅から成田空港を経由して芝山町までは90分とされています。
このように、副都心としての開発が進められる中、大崎駅周辺には「大崎周辺まちづくり協議会」、「東五反田地区街づくり推進協議会」、「大崎駅西口地区まちづくり協議会」、「大崎駅周辺地域都市再生緊急整備地域まちづくり連絡会」の4つのまちづくり組織(が設立され、開発整備に向けた協議調整や地域イベントの開催等のまちづくり活動が継続的に行われてきました。まちづくりが開発段階から管理運営段階へと大きく移行しつつある今、これまでの活動、成果、資源を継承し、大崎がひとつになってまち全体の管理運営を強力に推進していくため、2014年7月に「大崎駅周辺まち運営協議会」が発足、安全・安心なまちづくりに注力しています。

大崎駅から当事務所へのアクセス方法

司法書士法人杉山事務所への行き方(所要時間:約18分)

  • 司法書士法人杉山事務所への過払い金返還請求に関するメールでのご相談はこちら
  • たったの1分でわかる!過払い金診断
  • まずはご確認ください!初めての方へ