新宿駅で過払い金請求に強い司法書士事務所 | 過払い金請求が可能な対応地域 | 司法書士法人杉山事務所

新宿駅で過払い金請求に強い司法書士事務所

司法書士法人杉山事務所 相談実績月3千件以上!

新宿駅で過払い金請求が強い理由

当事務所に依頼するメリット

新宿駅での借金問題のお悩みは杉山事務所へ!

借金のお悩みは杉山事務所へ! 0120-153-494 お問い合わせ

新宿駅での過払い金請求にかかる費用

新宿駅での過払い金費用

新宿駅周辺にお住まいの方、もしくは新宿駅近辺で過払い金請求をお考えの方は、杉山事務所の東京事務所でご相談を無料にてお受けしております。当事務所では、着手金等の初期費用を無料としておりますので、相談者様が最初に持ち出すお金はございません。

過払い金請求の費用は完全成功報酬型になっており、過払い金を取り戻せた場合のみ頂戴しております。過払い金が無い場合、費用は一切掛かりませんので安心してお任せください。また、当事務所では費用の分割払いにも対応しております。相談者様のご状況に合ったお支払い方法が可能ですのでお気軽にご相談ください。

新宿駅周辺にお住まいで過去に借金をしていた方、または現在借金がある方は過払い金請求ができる可能性がございますので、お気軽に杉山事務所ご相談ください。

新宿駅での借金問題のお悩みは杉山事務所へ!

借金のお悩みは杉山事務所へ! 0120-153-494 お問い合わせ

新宿駅近辺での過払い金請求の対応事務所

新宿駅周辺にお住いの方、または新宿駅周辺で過払い金請求の相談先を探している方はr司法書士法人杉山事務所の東京事務所が担当しております。相談料は無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。

新宿駅周辺にお住まいで当事務所まで来所ができない方や事務所に入るところを見られたくない方は、無料で出張相談も受け付けておりますのでご安心ください。

東京事務所は、丸ノ内線「新宿駅」出口B6より徒歩9分、丸ノ内線・都営新宿線・副都心線「新宿三丁目駅」出口C8より徒歩3分の、アクセスのよい場所にあります。新宿駅周辺からお越しの方をはじめ、東京都内から多く過払い金請求のご相談をいただいております。

事務所名 司法書士法人杉山事務所 東京事務所
所在地 〒160-0022
新宿区新宿2丁目-13番-12号
住友不動産新宿御苑ビル5F
ご相談専用
ダイヤル
東京事務所フリーダイアル
ご相談専用
ダイヤル
東京事務所フリーダイアル
営業時間 【年中無休】9:00~19:00

>>東京事務所 詳細

杉山事務所 東京事務所

新宿は日本最大規模の繁華街、歓楽街として知られており、新宿駅は日本一利用者数の多い駅となっています。新宿駅はJR東日本、京王電鉄、小田急電鉄、東京メトロ、都営地下鉄が乗り入れているターミナル駅です。新宿駅という名前は、江戸時代に甲州街道の日本橋と高井戸の間に新たに造られた「内藤新宿」という宿駅が由来です。

今では多くの駅で利用されている発車メロディも、この新宿駅に導入されたのが始まりです。それまで流されていた電子ベルの音を好意的に捉えない人もいたため、楽器メーカーとして有名なヤマハのシステム開発により1989年に新宿駅と渋谷駅で試験的に発車メロディが流されるようになりました。
導入当初はピアノやマリンバ、川のせせらぎなど、癒し系の音が入っているシンプルな曲でした。数秒程度の長さのメロディでしたが利用客には好評で、他の駅でも順次導入されて現在のように全国的に利用されるようになりました。現在は櫻井音楽工房が制作した曲を採用しており、各路線ごとにメロディが異なっています。そのバリエーションは10曲以上あり、知らず知らずの間に聞く人の心に自然と入ってきます。

現在は副都心にある主要駅として栄えている新宿駅ですが、日本鉄道の山手線の駅として開業した1885年頃は駅周辺は街の中心部にはなっておらず、駅の利用者数も1日50人程度と非常に少ないものでした。徐々に街が発展するにつれて、新宿駅にも様々な私鉄が乗り入れるようになりました。利便性の向上に伴って利用客も大幅に増加し、1931年には国鉄、私鉄の合計利用者数が日本一となっています。また、2013年には一日の平均乗降者数が約335万人となり、世界一利用者が多い駅としてギネス世界記録にも認定されたほどです。1960年代から70年代にかけては多くの超高層ビルも建設され、ますます賑わいを見せるようになりました。現在は、新宿周辺の繁華街へ向かう人だけでなく、多摩や神奈川県埼玉県など周辺地域のベットタウンとも各路線で結ばれているため郊外から新宿へ通勤してくるビジネスマンにも多く利用されています。

新宿駅の周辺は非常に華やいだ雰囲気があり、商業施設やオフィスが駅を取り囲んでいます。新宿駅には、東口や西口、ルミネ口など様々な改札口があり、各地下鉄や商業施設などへ通じる通路が広範囲に拡充しています。
改札の数も多いので最初は戸惑いますが、東、西、南側というように大きく分けると場所を把握しやすくなります。東側には駅ビルがあり、当初は「新宿民衆駅ビル」という名前で1964年にオープンしました。その後は「新宿ステーションビル」、「MyCity」と名前を解明し、現在は「ルミネエスト新宿」になっています。かつて放送されていた「笑っていいとも!」の収録が行われていた新宿アルタも東側にあります。歓楽街としての要素が強く、飲食店やデパートなど様々なお店が集合しています。

西口や中央西口がある新宿駅の西側には高層ビルが立ち並んでいます。東京都庁舎やコクーンタワーなどの行政施設があるので、落ち着いた雰囲気があります。それ以外にも小田急百貨店、京王百貨店などがあります。長距離バスの乗り降りに主に利用されるのも、この西口です。南側には新南口やルミネ口、南口などの開設があります。レストランや化粧品、服飾品などの店舗が多数入っており、多くの人がショッピングに訪れるルミネ新宿は南口に直結しています。ルミネ新宿はルミネ1とルミネ2の二棟から成っていますが、ルミネ2の7階にはルミネtheよしもとが入っており、吉本興業の芸人が毎日公演を行っています。毎年開催されるM-1、R-1グランプリもここで行われています。新人芸人だけでなく、メディアにも出演している芸人も公演を行っており、観光客にも人気があるスポットとして有名です。

新宿駅から当事務所へのアクセス方法

司法書士法人杉山事務所への行き方(所要時間:約5分)

  • 司法書士法人杉山事務所への過払い金返還請求に関するメールでのご相談はこちら
  • たったの1分でわかる!過払い金診断
  • まずはご確認ください!初めての方へ