巣鴨駅で過払い金請求に強い司法書士事務所 | 過払い金請求が可能な対応地域 | 司法書士法人杉山事務所

巣鴨駅で過払い金請求に強い司法書士事務所

司法書士法人杉山事務所 相談実績月3千件以上!

巣鴨駅で過払い金請求が強い理由

当事務所に依頼するメリット

巣鴨駅での借金問題のお悩みは杉山事務所へ!

借金のお悩みは杉山事務所へ! 0120-153-494 お問い合わせ

巣鴨駅での過払い金請求にかかる費用

巣鴨駅での過払い金費用

巣鴨駅周辺にお住まいの方、もしくは巣鴨駅近辺で過払い金請求をお考えの方は、杉山事務所の東京事務所でご相談を無料にてお受けしております。当事務所では、着手金等の初期費用を無料としておりますので、相談者様が最初に持ち出すお金はございません。

過払い金請求の費用は完全成功報酬型になっており、過払い金を取り戻せた場合のみ頂戴しております。過払い金が無い場合、費用は一切掛かりませんので安心してお任せください。また、当事務所では費用の分割払いにも対応しております。相談者様のご状況に合ったお支払い方法が可能ですのでお気軽にご相談ください。

巣鴨駅周辺にお住まいで過去に借金をしていた方、または現在借金がある方は過払い金請求ができる可能性がございますので、お気軽に杉山事務所ご相談ください。

巣鴨駅での借金問題のお悩みは杉山事務所へ!

借金のお悩みは杉山事務所へ! 0120-153-494 お問い合わせ

巣鴨駅近辺での過払い金請求の対応事務所

巣鴨駅周辺にお住いの方、または巣鴨駅周辺で過払い金請求の相談先を探している方は司法書士法人杉山事務所の東京事務所が担当しております。相談料は無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。

巣鴨駅周辺にお住まいで当事務所まで来所ができない方や事務所に入るところを見られたくない方は、無料で出張相談も受け付けておりますのでご安心ください。

東京事務所は、丸ノ内線「新宿駅」出口B6より徒歩9分、丸ノ内線・都営新宿線・副都心線「新宿三丁目駅」出口C8より徒歩3分の、アクセスのよい場所にあります。巣鴨駅周辺からお越しの方をはじめ、東京都内から多く過払い金請求のご相談をいただいております。

事務所名 司法書士法人杉山事務所 東京事務所
所在地 〒160-0022
新宿区新宿2丁目-13番-12号
住友不動産新宿御苑ビル5F
ご相談専用
ダイヤル
東京事務所フリーダイアル
ご相談専用
ダイヤル
東京事務所フリーダイアル
営業時間 【年中無休】9:00~19:00

>>東京事務所 詳細

杉山事務所 東京事務所

「アトレヴィ巣鴨」を駅ビルに持つJR東日本の「巣鴨駅」。この「巣鴨駅」は、2010年に駅ビルができてからは、利便性が上がりました。東京都豊島区に位置し、豊島区1丁目6-1にあるのが「巣鴨駅」です。この「巣鴨駅」の歴史は古く、1903年に遡ります。元々、大塚駅から田端駅までの予定だったにもかかわらず、避けられない位置事情により急遽設置された駅だったのです。

東京都内の駅同様、1945年の戦時中の空襲により、甚大な損害を受けました。しかしその後、1968年には地下鉄の乗り入れ、2001年にはSuicaの導入など、利用する人の速度に合わせた発展が見えてきました。現在ではJR東日本の山手線、都営地下鉄の三田線が接続しています。地下鉄三田線の駅番号は、「I (アイ) 15」になっています。

「巣鴨」の地名の由来は明確ではありませんが、とてもユニークです。昔は、この地域に大池があり湿地帯であったため、鴨がたくさん巣を作り群生していたからとも言われています。また、所々点在していた池の州には葦が繁っており、「州(す)」があり、「鴨(かも)」のいた所から、「巣鴨」という地名になったとも言われています。昔の文献には、「州鴨」以外にも「須賀茂」、「菅面」、「州処面」と記録されています。これが、現在の「巣鴨」の始まりです。

現在でも、駅周辺には自然もあり、歴史に触れることの出来る場所があります。「染井霊園」や「高岩寺」などの名所もあります。その中でも、水戸徳川家の墓所でもある霊園は、面積67,000平方メートルを超える敷地に、数多くの有名人が埋葬されています。また周辺には寺院も多く、園内には約100本のソメイヨシノが植えられています。「染井」という地名からソメイヨシノという名称が発生したとも言われています。桜並木の遊歩道は、桜の名所として親しまれてもいるので、春の時期には多くの人々で賑わいます。

「高岩寺」と聞いて、ピン!と来ない方も「とげぬき地蔵」と聞けばご存知の方も多いのではないでしょうか。「萬頂山」という山号も持ち、慶長元年(1596年)に創建されたのが、この「とげぬき地蔵」のある「高岩寺」です。高齢者を中心に、病気の治癒や改善にもご利益があるとされ、今でも参拝者が絶えません。江戸時代に武士が妻のために、夢枕に立った地蔵菩薩のお告げに従ったところ、妻の病が回復したことが由来であると言われています。その後、毛利家の女中が針を誤飲し、地蔵菩薩の御影を飲み込んだ所、針を吐き出し回復したという話も伝わっています。「とげぬき地蔵」の通称は、この時吐き出した御影に針が刺さっていたという、言い伝えからのものです。
この「とげぬき地蔵」が名称のきっかけとなり、「巣鴨地蔵通り」商店街があります。巣鴨駅から都電荒川線庚申塚停留場まで、高岩寺を中心として道路沿いにはこの商店街が広がっています。以前は、中山道の一部だったようですが、国道17号がバイパスとして設置されたので、名称は「旧中山道」となりました。歩行者も多いため、巣鴨駅から一方通行となっているので、時間により自動車の通行は制限されるようになりました。訪れる人は、高齢者の中でも女性が多いことから、「おばあちゃんの原宿」とも呼ばれています。
また、この商店街は、門前町としても多くの役割があります。甘味処、食事処などの休憩を楽しみながら足を止めることの出来るお店があります。また、和菓子屋や高齢者向けの衣料品店などが多く出揃い、高齢者の好みに合わせた店舗で立ち並びます。そして、高岩寺を訪れる人は、参拝後に買い物や食事を楽しむことも多いので、商店街は観光の役割も担っています。
以前は高齢者の使用が目立ったこの商店街も、2007年(平成19年に、アトレヴィ巣鴨の完成と駅舎改修工事の着工で、大きな変化が生まれました。そして、2010年(平成22年)のグランドオープンと駅舎改修工事が完了で、若い人たちも立ち寄る駅へと変わります。「巣鴨駅」を使用する、学校や教育施設も多く、多くの人の利便性を取り入れた駅に変わったと言えるかもしれません。一日には、乗車客だけで46,000人(2014年JR東日本調査)を超える人が使用する駅に、歴史も加わる観光と日常生活が結びついた「巣鴨駅」。一度は訪れてみたいですね。

巣鴨駅から当事務所へのアクセス方法

司法書士法人杉山事務所への行き方(所要時間:約16分)

  • 司法書士法人杉山事務所への過払い金返還請求に関するメールでのご相談はこちら
  • たったの1分でわかる!過払い金診断
  • まずはご確認ください!初めての方へ