高田馬場駅で過払い金請求に強い司法書士事務所 | 過払い金請求が可能な対応地域 | 司法書士法人杉山事務所

高田馬場駅で過払い金請求に強い司法書士事務所

司法書士法人杉山事務所 相談実績月3千件以上!

高田馬場駅で過払い金請求が強い理由

当事務所に依頼するメリット

高田馬場駅での借金問題のお悩みは杉山事務所へ!

借金のお悩みは杉山事務所へ! 0120-153-494 お問い合わせ

高田馬場駅での過払い金請求にかかる費用

高田馬場駅での過払い金費用

高田馬場駅周辺にお住まいの方、もしくは高田馬場駅近辺で過払い金請求をお考えの方は、杉山事務所の東京事務所でご相談を無料にてお受けしております。当事務所では、着手金等の初期費用を無料としておりますので、相談者様が最初に持ち出すお金はございません。

過払い金請求の費用は完全成功報酬型になっており、過払い金を取り戻せた場合のみ頂戴しております。過払い金が無い場合、費用は一切掛かりませんので安心してお任せください。また、当事務所では費用の分割払いにも対応しております。相談者様のご状況に合ったお支払い方法が可能ですのでお気軽にご相談ください。

高田馬場駅周辺にお住まいで過去に借金をしていた方、または現在借金がある方は過払い金請求ができる可能性がございますので、お気軽に杉山事務所ご相談ください。

高田馬場駅での借金問題のお悩みは杉山事務所へ!

借金のお悩みは杉山事務所へ! 0120-153-494 お問い合わせ

高田馬場駅近辺での過払い金請求の対応事務所

高田馬場駅周辺にお住いの方、または高田馬場駅周辺で過払い金請求の相談先を探している方は司法書士法人杉山事務所の東京事務所が担当しております。相談料は無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。

高田馬場駅周辺にお住まいで当事務所まで来所ができない方や事務所に入るところを見られたくない方は、無料で出張相談も受け付けておりますのでご安心ください。

東京事務所は、丸ノ内線「新宿駅」出口B6より徒歩9分、丸ノ内線・都営新宿線・副都心線「新宿三丁目駅」出口C8より徒歩3分の、アクセスのよい場所にあります。高田馬場駅周辺からお越しの方をはじめ、東京都内から多く過払い金請求のご相談をいただいております。

事務所名 司法書士法人杉山事務所 東京事務所
所在地 〒160-0022
新宿区新宿2丁目-13番-12号
住友不動産新宿御苑ビル5F
ご相談専用
ダイヤル
東京事務所フリーダイアル
ご相談専用
ダイヤル
東京事務所フリーダイアル
営業時間 【年中無休】9:00~19:00

>>東京事務所 詳細

杉山事務所 東京事務所

アニメに由来する町は、いくつも日本にあります。中でも、「鉄腕アトム」と言えば、2003年に地元の商店街の推奨で取り入れられた、「高田馬場駅」です。原作の手塚治虫氏の手塚プロダクションが、「高田馬場駅」近くにあること、そして登場人物の勤務先設定がこの付近であることに由来します。また、このアニメの登場人物が壁画になっているのは、地元商店街の努力でもあります。現在リニューアル後にも壁画が復活し、JR線高架下には『ガラスの地球を救え』というタイトルで、手塚治虫の世界を表現しています。また、西武線高架下は『歴史と文化~過去から現在そして未来へ~』というタイトルで、魅力的な壁画が残されています。
東京都新宿区高田馬場1丁目にある「高田馬場駅」は、JR東日本と西武鉄道、そして東京メトロが通る駅です。JR東日本は山手線、東西線の東京メトロも通り、新宿線(西武鉄道)が接続駅となっています。環状線としては山手線のみが停車しますが、それ以外のJR線は通過してしまいます。JR線では、「鉄腕アトム」が発車ベルのメロディですが、西武線では付近にマルコメ本社があることから、マルコメCMソングが発車メロディに使用されています。

「高田馬場駅」は、近隣の東京23区の駅よりも少し後で設置され、1910年(明治43年)になりました。利用客は年々減少していますが、2014年度の1日平均の利用客数は88万人で、年間3億2000万を超える人々が利用していることになります。これは世界12位で、新橋駅に次ぐ順位で、乗降人員は多い駅の一つです。変則相対式の駅ですがホームは広いとは言えず、平日朝のラッシュアワーには、通勤で利用する人々で混み合います。
周辺には「早稲田大学」に通じる学生の街、そして早稲田通りがあります。早稲田通り沿いは、学生向けの古本屋が立地しており、専門学校などの教育施設も多くあります。また、学生向けの低価格の飲食店も立ち並び、ラーメン激戦区としても知られていることは、記憶されている方も多いでしょう。商業ビルとしては、駅南側に「BIG BOX(ビッグボックス)」があり、東側には「FI(エフアイ)ビル」があります。JR山手線の外側には「栄通り」があり、アフター5の時間には混み合う飲み屋が多く、街が賑わっています。また、この地域の特徴としては、在日ミャンマー人が多く住む場所でもあって、「リトル・ヤンゴン」とも呼ばれている所も含まれます。

周辺道路は、早稲田通りや明治通り、新目白通りや諏訪通りなどもあります。明治通りを挟み、「戸山公園」がありますが、ここは桜の時期に花見の名所となります。また、毎年10月の休日(体育の日)にあるのは、穴八幡宮の伝統の新宿区指定無形民俗文化財、「流鏑馬(やぶさめ)」恒例の行事です。当日は穴八幡宮から戸山公園までの行列ができ、大勢の観客が押し寄せる歴史的イベントです。
この地域は「華族」尾張藩徳川家の下屋敷で、大名庭園でした。その後、火災や水害で荒廃したにもかかわらず、様々な状況ゆえに復興はされませんでした。明治維新後は、政府に明け渡され、太平洋戦争が終わるまで陸軍学校のために使用されました。その後、1949年(昭和24年)陸軍学校施設跡地に戸山ハイツの建設が始まり、1954年(昭和29年)にはその公園の一部を「戸山公園」として整備し開園されています。公園の特徴としては、遊具などの施設もありますが、一部のホームレスが生活している場所でもあります。また、陸軍学校時代の名残もあってか、都内有数の心霊スポットの一つにもなっており、注目を集めています。

「高田馬場駅」近郊の地名の由来は、徳川家康の六男で越後の高田藩主だったことから発しており、高田の名をとって高田馬場としたと言われています。しかし、それ以前に、このエリア一帯が高台になっており、高台という地形から俗称として高田とも呼ばれる説もあります。広重の「名所江戸百景」も登場してきます。
現在では、習慣的に「たかたのばば」と呼ばれていますが、駅名が伝わることにより「高田馬場(たかだのばば)駅」と呼ばれています。大手銀行や郵便局、地名を含め、「高田馬場(たかだのばば)」で浸透しています。現代のアニメも古い歴史も、入り混じっているのに違和感のない街。そこは「高田馬場駅」の目の前です。

高田馬場駅から当事務所へのアクセス方法

司法書士法人杉山事務所への行き方(所要時間:約8分)

  • 司法書士法人杉山事務所への過払い金返還請求に関するメールでのご相談はこちら
  • たったの1分でわかる!過払い金診断
  • まずはご確認ください!初めての方へ