過払い金請求するとブラックリストにのらない方法 | 過払い金請求について

過払い金請求するとブラックリストにのらない方法

ブラックリストとは

過払い金請求とは貸金業者から払い過ぎた利息を取り戻すことです。過去に、消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者は、法律の上限を超える利息をとっていました。消費者金融でお金を借りたことのある人やクレジットカードのキャッシングを利用していた人は過払い金が発生している可能性があります。

「過払い金請求をしたいけど迷っている・・・」という方の多くは、過払い金請求をするとブラックリスにのってしまうのではないか?という不安を抱えています。しかし、実際は過払い金請求をすると必ずブラックリストにのるわけではありません。

何かと不安の多い過払い金請求とブラックリストの関係ですが、正しく理解すれば恐れることはありません。ブラックリストとはどういったものなのか?をはじめ、過払い金請求してブラックリストにのる場合・のらない場合、ブラックリストにのらないための方法をわかりやすく説明していきます。

ブラックリストとは?

そもそも、ブラックリストとは一体何なのでしょうか。実は、実際にブラックリストというリストが存在するわけではありません。

消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者は、利用者から借入れの申し込みがあった際に、「信用情報機関」が管理している「個人信用情報」というものを照会し、利用者の審査をしています。個人信用情報とは、お金の貸し借りに関して、この人はどういう人で、いくら借りていて、きちんと返しているかどうかを把握するための情報です。

借金の返済が遅れたり、借金が払えなくなって自己破産などの債務整理をおこなうと、個人信用情報に「延滞」や「契約見直し」など、“返済能力に問題ありと判断される情報”が事故情報として記載されます。

この個人信用情報に事故情報が記載されることを一般的に「ブラックリスト(にのる)」と呼んでいるのです。

信用情報機関は「日本信用情報機構(JICC)」「シーアイシー(CIC)」「全国銀行個人信用情報センター(JBA)」の3つがあり、消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者は必ずどこか1つ、または複数の信用情報機関の加盟会員になっています。

アコム、アイフルなどの消費者金融や、クレディセゾン、エポスなどのクレジットカード会社(信販会社)など、それぞれの業界によって加盟する機関がわかれていて、通常この3つの機関は各々が情報を管理・収集しているのですが、事故情報、いわゆるブラックリストだけは3社で情報を共有しています。

ブラックリストにのるとどうなるの?

杉山事務所では、実際にブラックリストにのった場合、どうなるのでしょうか。

個人信用情報に事故情報が登録された場合(いわゆるブラックリストにのった場合)、一定期間、新たな借入れやクレジットカードの作成などができなくなります。また、新しくローンを組むこともできなくなるので、ショッピングローンや家のローン、車のローンなどを組むことはできません

ただし、ブラックリストに一度情報がのってしまうとずっと消えないわけではなく、あくまでも一定期間ですので、5年程度で登録は削除されます。5年程度の期間を過ぎれば新規にクレジットカードを作ることやローンを組むことができます

気になる方は自分の信用情報を確認することもできます。日本信用情報機構(JICC)では郵送・窓口での情報開示、シーアイシー(CIC)ではさらにインターネットでもおこなっていますが、全国銀行個人信用情報センター(JBA)は郵送のみの対応となっています。

過払い金請求でブラックリストにのらないためには?

借金を返し終わったあとに過払い金請求をする

借金を返し終わったあとに過払い金請求をおこなえば、ブラックリストにのることはありません

金融庁から、借金をすべて返し終わったあとの過払い金請求は「返済能力の有無には影響しないため、信用情報には明記すべきではない」という方針が出されていますのでご安心ください。絶対にブラックリストにのりたくない、という方は過払い金請求をする前に、借金をすべて返し終えておくようにしましょう。

過払い金請求は貸金業者ごとに請求しますので、複数の貸金業者から借入れをしていてすべて完済することがむずかしい方は、払い終わった貸金業者にだけ過払い金請求をすることもできます。借金を払い終わった貸金業者にだけ過払い金請求をすればブラックリストにのりませんので、ご安心ください。

返済中でも過払い金で借金がなくなればOK

借金を返済中の人でも、戻ってきた過払い金で残りの借金がなくなれば、借金をすべて返済したことになるのでブラックリストにのることはありません

残りの借金よりも過払い金のほうが多いかどうかは、貸金業者に取引履歴を取り寄せて、いくら過払い金があるか計算してみればわかります。

では過払い金がいくら発生しているかお調べすることができますので、不安な方はの無料相談をご利用ください

返済中の過払い金請求でブラックリストにのるケース

返済中の過払い金請求で、戻ってきた過払い金で今ある借金が返しきれずに残ってしまう場合、ブラックリストにのることは避けられません。借金が残ってしまう場合に関しては、貸金業者に借金を減額してくださいと交渉する「債務整理」とみなされるので、個人信用情報に事故情報が記載されるのです。

ブラックリストは怖くない

「過払い金が戻ってきても、借金が残ってしまうとブラックリストにのってしまうから」といってブラックリストを怖がる必要はありません。たとえブラックリストにのっても5年程度で信用情報は回復するので、もし今、毎月の返済で頭を悩ませているなら、早めに過払い金請求の手続きをし、生活を立て直すことをおすすめします。

過払い金請求をして払いすぎていた利息があれば、今ある借金を減らすことができるからです。借金を返すためにさらに新たな借入れをする必要などがなくなります。

そもそも貸金業者への返済を約3か月滞納してしまえばその時点でブラックリストに載ってしまうので、返済が苦しい方は少しでも早く過払い金請求の手続きをしたほうが賢明です。複数業者から借入れをしていたり、毎月の返済がままならないような場合は、早めに過払い金請求をご検討ください。

状況は人それぞれですので、自分の場合は過払い金請求をしたほうがいいのかどうかお悩みの方も、ぜひ一度までお気軽にご相談ください。お電話、メールにて無料で相談をお受けしています。

ブラックリストにのるか不安な方は司法書士に相談

完済した借金の過払い金請求はブラックリストにのることはありません。しかし、返済中の場合だと、過払い金請求をしても借金の残債が残ると手続きが任意整理となってしまいブラックリストにのることになります。
 過払い金請求をしたいけど、ブラックリストにはのりたくない。という方は多いと思います。ブラックリストというリスクを避ける判断は、個人でするにはかなり難しいです。そういったリスクを司法書士や弁護士などの専門家に相談し安心して過払い金請求をすることをおすすめします。

  • 過払い金返還請求に関するメールでのご相談はこちら
  • たったの1分でわかる!過払い金診断
  • まずはご確認ください!初めての方へ