過払い金請求ができる条件と注意すべきポイント | 過払い金請求について

過払い金請求ができる条件と注意すべきポイント

払い過ぎた利息を取り戻す過払い金請求をするには、過払い金が発生していることが必須です。過払い金請求は借金をしているすべての方にできるわけではなく条件があります。

過払い金は利息制限法できまっている上限金利(15%~20%)を超える利息を支払っていないと発生しません。払いすぎていた利息(法律で決まっている15~20%を超える金利)を、本来払うべきだった15%~20%の利率で計算しなおす引き直し計算をすることにより、いくら過払い金が発生するかを確認した上で過払い金請求ができます。

相談者様によって過払い金請求できる状況が変わりそれぞれ注意点があります。過払い金請求できる条件と注意点を理解したうえで個々の状況にあわせて過払い金請求をすることが必要です。

過払い金が発生する条件

過払い金が発生する条件は、利息制限法できまっている上限金利(15%~20%)を超える、出資法の上限金利(29.2%)の金利を支払っていたかに関わってきます。利息制限法の上限金利は借金額に対して変化し、以下のようになっています。

多くの貸金業者は利息制限法の上限金利(15%~20%)で貸付をしなければいけなかったのを、出資法の上限金利(29.2%)で貸付をしていました。貸金業法第43条にみなし弁済というものがあり、法律で定められた一定の条件を満たせば、利息制限法の上限金利を超える出資法の上限金利での貸付が認められていた為です。この利息制限法と出資法の上限金利の差額をグレーゾーン金利とよび、これが過払い金が発生する原因となっています。

過払い金請求ができる条件と注意点

借金を払い終わっている場合の過払い金請求の条件と注意点

借金を払い終わっている方の場合、利息制限法の上限金利を超える金利で返済していた期間があれば過払い金が発生している可能性が高いです。多くの貸金業者は2007年頃には、利息制限法できまっている金利へ変更しているので、それより以前に借入、返済をしていれば過払い金請求できる可能性があります。

借金を払い終わっている方が気を付けないといけないのが、過払い金請求には最終取引日から10年経過すると時効が成立してしまう点です。最終取引日とは多くの場合が最後に返済した日となっていて、その日から10年経過するといくら多額の過払い金が発生していても時効が成立してしまって過払い金が請求できなくなります。

また、最近多くの貸金業者が経営不振などを理由に倒産しています。倒産してしまうと、過払い金を請求する先がないということなので、これも過払い金請求できなくなります。借金を払い終わっている方の過払い金請求はほとんどデメリットがありませんので、心当たりのある方はすぐ過払い金請求をしてください。

返済中の借金の過払い金請求の条件と注意点

借金を返済中の方も、払い終わっている方と同様で、利息制限法の上限金利を超える金利で返済していた期間があれば過払い金が発生している可能性が高いです。返済中の方は、契約が現在も続いている状態なので時効が成立する心配はありません。過払い金請求できれば、返ってきた過払い金を返済中の借金にあてることができるので、減額もしくは払い終えることができます。さらに、借金額より返ってきた過払い金のほうが多ければ手元に戻ってきます。

しかし、返ってきた過払い金が借金より少ない場合、過払い金請求ではなく貸金業者に借金を減額してくださいと交渉する「債務整理」という手続きになります。債務整理は、信用情報機関に事故情報が登録される(ブラックリストにのる)ことになるので、返済中の方で過払い金請求する場合はメリット・デメリットを理解してください。

過払い金請求ができない条件

貸金業者が利息制限法の上限金利である15~20%の範囲内で利息をとっていた場合、過払い金は発生していません。また、クレジットカードのショッピング枠に関しては過払い金が発生することはありません。ショッピング枠は法律的には借金ではなく立て替え金扱いとなるためです。

その他にも、家や車などのローンに関しても過払い金が発生することはありません。これらのローンは利息制限法の上限金利である15~20%の利息よりも低い金利で設定されているからです。

過払い金請求をするには必ず過払い金の計算が必要

過払い金請求をするには、自分に過払い金が発生しているか確認する必要があります。自分に過払い金が発生しているかの確認は、貸金業者へ問い合わせて取引履歴を入手すれば、無料のソフトを使って過払い金がいくらあるのかの計算ができます。
自分で計算するのが面倒だ。という方は、無料相談をしている司法書士や弁護士に相談してみることをオススメします。専門家に相談すれば過払い金の計算を無料でしてくれます。また依頼すれば、そのまま過払い金請求の手続きも全て代理でおこなってくれますので、費用はかかりますが待っているだけで過払い金が返ってきます。

過払い金請求ができるか調べるのはへ相談

過払い金が発生する条件は利息制限法できまっている上限金利(15%~20%)を超える利息で返済していたかが重要となっています。過払い金請求をするには、まず自分に過払い金が発生していたかを調べる必要があります。

貸金業者に連絡し取引履歴を取り寄せることで、過去の貸金業者とのすべての取引がわかります。取引履歴をもとに、引き直し計算をして過払い金が発生していれば過払い金請求ができます。

借金を払い終わっているか返済中かで、注意すべき点がかわりますので、ご自身の状況と照らしあわせ、過払い金請求してください。

しかし、中には借金をしていた貸金業者を忘れた方や、自分で過払い金を調べたりするのは面倒だという方も多くいます。そういった方は、へお問い合わせください。では、月3000件以上の過払い金に関する相談があります。過払い金を調べてほしい方や、自分で手続きするのが面倒な方からのお問い合わせも数多く頂いています。

では過払い金請求に強い司法書士が相談者様の状況にあわせた解決法を提案させていただいております。無料相談・着手金無料で完全成功報酬となっており過払い金が発生しなければ費用をいただくことはございませんので、安心してメールフォームやフリーダイヤルからお気軽にご相談ください。

  • 過払い金返還請求に関するメールでのご相談はこちら
  • たったの1分でわかる!過払い金診断
  • まずはご確認ください!初めての方へ