債務整理について(借金が残っている方のお手続き)

債務整理について(借金が残っている方のお手続き)

債務整理とは

債務整理とは

相談者様の抱える借金を再計算し、負債をなくすことです。再計算の結果払いすぎであることが分かれば、払いすぎたお金を取り戻すことができます!

4つの債務整理方法

4つの債務整理方法

債務整理の方法には任意整理、民事再生(個人再生)、自己破産、特定調停の4つの方法があります。相談者様の状況に応じた最適な方法を選ぶことが大切です。

ブラックリストについて

ブラックリストについて

誤った情報が広く流れているため、マイナスのイメージが強いですが、正しく理解すれば恐れる必要はありません。まずは正しい知識を身につけましょう!

任意整理について

任意整理とは

任意整理とは

司法書士が金融業者と直接交渉して借金を減額します。お客様が直接金融業者と話すことはありません。

メリット・デメリット

任意整理のメリット・デメリット

金融業者からの取り立てがストップします!過払い金が発生していた場合、払いすぎたお金が戻ってきます。

お手続きの流れ

任意整理のお手続きの流れ

相談者様のお話を伺ったうえで司法書士が直接金融業者と交渉します。相談者様の個人情報が他人に知られることはありません。

解決事例

任意整理の解決事例

任意整理の解決事例をご紹介します。

民事再生について

民事再生とは

民事再生とは

任意整理と自己破産の長所を合わせた債務整理の方法です。住宅ローンを抱えている方にお勧めの方法です。

メリット・デメリット

民事再生のメリット・デメリット

自己破産と違い、家を手放す必要がありません。一方、手続き後はブラックリストに記載されてしまいます。

お手続きの流れ

民事再生のお手続きの流れ

相談者様のお話を伺ったうえで司法書士が裁判所に申し立てを行います。手続きはすべて専門家が代行します。

解決事例

民事再生の解決事例

民事再生の解決事例をご紹介します。

自己破産について

自己破産とは

自己破産とは

相談者様(の代理人)が債務を返済不可能であることを裁判所に申し立てたうえで、負債を完全になくす方法です。

メリット・デメリット

自己破産のメリット・デメリット

あらゆる借金を全て払う必要がなくなります。一方、手続き後は一部を除きすべての財産を失ってしまいます。

お手続きの流れ

自己破産のお手続きの流れ

相談者様のお話を伺ったうえで司法書士が裁判所に申し立てを行います。手続きはすべて専門家が代行します(本人の面談を除きます)。

解決事例

自己破産の解決事例

自己破産の解決事例をご紹介します。

特定調停について

特定調停とは

特定調停とは

相談者様(の代理人)と金融業者が裁判所内で話し合い、お互いに納得したうえで、今後の返済方法などを決める方法です。

メリット・デメリット

特定調停のメリット・デメリット

裁判所で手続きをするので、不当な要求をされることはありません。一方、手続き後に和解調書が作られますので、確実な返済が要求されます。

お手続きの流れ

特定調停のお手続きの流れ

相談者様のお話を伺ったうえで司法書士が裁判所で金融業者と交渉を行います。手続きはすべて専門家が代行します。

解決事例

特定調停の解決事例

特定調停の解決事例をご紹介します。

様々な理由で借金の返済が難しくなってきた時に債務整理という選択があります。一言で債務整理と言っても数種類の方法がありますので、それぞれの方法を理解し進めることが大切です。

任意整理は、裁判所等を通さずお金の貸出業者と直接話をしながら返済額の減額、利率の見直しを行う方法です。気付かない方も多いのですが、長い期間返済している場合、過払い金が生じている場合があるので債務と過払い金で相殺となるケースもあります。また、過払い金で全額相殺された場合はブラックリスト登録(信用機関に事故歴として記載される)がされずに済む場合もあります。

自己破産は、裁判所を通して一切の返済能力がないことを認めてもらい借金を帳消しにしてもらう方法です。借金をキレイにすることはできますが、生活に必要な最低限の財産を除きすべての財産を没収される上、確実に信用機関のブラックリストに登録されますので5から7年は新たな借り入れができなくなります。

個人再生は、裁判所を通して返済計画を立案し借入金や返済金の減額、利率の見直しを行う方法です。自己破産のように家を売却する必要はないものの、車のローンが有る場合は車を手放すことになります。また、ブラックリスト登録されますので、5から7年は新たな借り入れができなくなります。

特定調停は、裁判所に当事者が集まり、交渉を行う方法で合意がなされた場合は調停書が作成され調停に沿った返済ができます。こちらもブラックリスト登録されますので、調停後5から7年は新たな借り入れができなくなります。

任意整理については、個人が直接金融機関と交渉することもできますが、過払い金の返還や、より有利な条件で交渉を進めるのでしたら、まず専門家に相談することをオススメします。その他の3つの方法については、事前の調整と複雑な手続きを経る必要がありますので、専門家を通して手続きをすることが適切です。

  • 過払い金返還請求に関するメールでのご相談はこちら
  • たったの1分でわかる!過払い金診断
  • まずはご確認ください!初めての方へ