ブラックリストとは | 債務整理について(借金が残っている方のお手続き)

ブラックリストとは

ブラックリストとは

お金を借りたら、返済しなければなりません。しかし金融会社から借りると利息を支払う必要があります。経済状況によっては、利息ばかり支払って結局、元本が全く減らないというケースも出て来るかもしれません。他にも1つの金融会社だけでは無くて、複数の金融会社からお金を借りている場合もあります。その結果、借金によって生活をしていけない状況になったならば、債務整理によって返済の負担を軽減する事が出来るかもしれません。具体的には返済額の軽減だけでは無くて状況によれば帳消しにする事も出来るでしょう。さらに過払い金があったならば、払い過ぎたお金を取り戻す事も不可能ではありません。ただ、躊躇してしまう方も居ます。理由はブラックリストに載ってしまうかもしれない事が挙げられるのではないでしょうか。しかしそんなに怖がる必要はありません。

過払い金で返還されたことによって借金が帳消しになったとします。あるいは完済してからの過払い金請求をすることでブラックリストに載ることは無いのです。さらに返済をしている最中でも、完済後に請求をしたならばブラックリストに載ることはないでしょう。

ブラックリストとはどんな物かと言えば、借金の支払いの延滞、あるいは破産をしたという事故情報のリストの事です。そのためローンを組めなかったり、カードを使用する事が難しくなります。

ブラックリストに載るケースとしては例えば任意整理をしても過払い金よりも借金が多くなるケースです。さらに返済をしている時に過払い金請求をするケースがあります。

しかしブラックリストに載りたくないと考える方の多くは、また次に借金をしたいと思っている方も多いかもしれません。しかし債務整理をする事によって、借金問題を解決した方が利点は大きい場合もあります。お金は確かに借りるのが難しくなるかもしれませんが、それでも、現金一括払いならば住宅や自動車を購入することは可能なのです。

ブラックリストに載るケース、載らないケース

債務整理は借金の問題を解決する手段の1つです。借りた金額や経済状態を考えて減額、あるいは借金を消し去る事が出来ます。もしその中で借金を払い過ぎている場合ならば、過払い金として取り戻す事も不可能ではありません。お金を返済しなければならないという状況では、精神的なプレッシャーはとても大きいものです。しかし債務整理を行う事によって、そんな追い詰められた状況から抜け出す事が出来るでしょう。さらに過払い金請求により、返済し過ぎたお金を取り戻す事も出来ます。

ただ、債務整理をしたらブラックリストに載るのではないかと心配な方も居るでしょう。ブラックリストは信用情報機関が持っている事故情報のリストです。このブラックリストに載るのは、借金の支払いについて延滞を行う場合や、破産したケースが挙げられるでしょう。これはお金を融資している金融機関にとっては信頼を損なっているお客という事になります。そのリストに載れば新しくお金を借りたいと思っても不可能です。ローン等も組む事も出来ませんし、カードを使用出来無くなります。

ブラックリストに載るケースの1つとは、任意整理等を行った場合に過払い金よりも借金が多いケースです。これは残元金の分割払いと利息カットをしたケースも含まれています。その場合、債務整理としてブラックリストに掲載される事になります。

借金の返済をしている最中に請求をした場合も、ブラックリストに載る事になるでしょう。過払い金があるのかどうかは、取引履歴を調べなければなりません。取り寄せて計算する事になります。取引履歴を取り寄せて、過払い金の請求を行うまでの期間は支払いは停止されている状態です。だから信用情報機関では延滞状態として取り扱われる事になります。そのため、ブラックリストに載る事になるのです。信用情報を損なうのが嫌な方は、完済をした後に手続きをするのが良いでしょう。

載らないケース

・既に完済している業者から過払い金を取り返した場合・任意整理により、借金がゼロになりさらに過払い金が戻ってきた場合

載るケース

・任意整理により借金が残った場合 ⇒「債務整理」として登録されます。※載るケースに該当するが、ブラックにはなりたくなくて過払い請求を躊躇している方は非常に多いので、詳しくはご依頼の際にお問い合わせください。

つまり、どうしてもブラックになりたくない方は借金全額を完済してから過払い金を請求することが一番の方法です。
または、下記の手続きをとることも有効と言えます。

過払い金請求を全て自分で行う場合は色々なデメリットがあります。
取引履歴の取得や再計算等のご依頼も、当事務所で承っております。お気軽にご相談下さい。

関連する3つの機関
信用情報について

個人に関する信用情報機関は主に下記の3つの機関があり、下記の団体に「事故情報」が登録される場合を「ブラックリストに載る」といわれています。。

※本人が請求することにより、今現在の自分の信用情報を開示してもらうことが出来るので、ご自身の情報が気になる方は、詳しくは各信用情報機関に直接お問合せ下さい。

あくまでも金融機関・貸金業者の判断に
ブラックになった場合の影響

実際ブラックになった場合、融資を受けることができるか・クレジットカードの発行を受けられるかは、あくまでも金融機関・貸金業者の判断によりますが、「債務整理」と登録された場合は、約5年~7年は新たな借入れは難しいようです。

ブラックリストになった場合の影響

信用情報はあくまでも信用情報なので、ブラックでも今現在信用があると判断されれば審査は通りますし、逆にブラックではなくても、年収や勤続年数などによって審査に通らないことがあるのも当然です。

ブラック扱いになっていても、お金が借りづらくなるだけで、現金で車を買ったりは当然できます。しばらくお金を借りずに、計画的にお金のやりとりができると考えれば、逆に良いと考えることもできます。

ブラックになるといわれて、過払い請求を躊躇するのは、業者の思うつぼだと考えることもできます。また、ブラックになるとお金が借りづらくなるのも現実です。
最近、多くの過払い請求により業者の体力も弱ってきており、過払い請求を思い立ったときに業者が倒産していてからでは遅いのです。

ブラックについてお悩みの方は、まずは相談ください。

  • 過払い金返還請求に関するメールでのご相談はこちら
  • たったの1分でわかる!過払い金診断
  • まずはご確認ください!初めての方へ